50歳向け転職サイトで仕事を探す方法

50歳転職サイト情報|仕事を見つける方法


リクナビNEXT[転職者の8割が活用!]
詳細
★★★★★
多くの転職者が利用する総合求人サイト。登録しておくことで会員専用の便利な機能を提供。費用がかかることは一切なし、完全無料で使えます。
簡単1分登録公式サイトはこちら
利用者の声
良かった
50歳で転職なんて出来るわけがないと周りからは止められましたが止むに止まれぬ事情があり個人都合で退職し転職活動に入りました。もう駄目かと諦めかけた時期もありましたが、リクナビNEXTでは私と同じ条件の人の活動が判るのでそれを見て気持ちを前向きに頑張ることができました。本当に役立つ転職サイトでした。
良かった
会社都合で退職することになり、しばらく失業保険をもらってゆっくりしようかと計画してたが、たまたまリクナビNEXTに出されていた求人を見て興味が湧き応募してみた。人生甘くはなく、そこは不採用となったがそこでエンジンに火がつき本格的に転職活動に入った。真剣にやったおかげか2ヶ月で転職先が決まった。
良かった
息子に勧められてリクナビNEXTに入会しました。無料で利用できて助かります。掲載されている求人リストをチェックするだけでなく、スカウトサービスも利用して幅広く求人を集めるようやってみました。これも昨年転職した息子からの入れ知恵ですが言われた通りやってみて良かったです。
普通
最初は使い方が判らず戸惑ったが直に慣れた。やってみれば操作関係で難しいことはない。ただ書類選考を突破することは非常に難しいと感じた。転職ノウハウを読みながら何度も書きなおしたお陰か、今の会社にどうにか拾ってもらえて良かった。
普通
仲介業者を使わず求人探しができるため気兼ねが入らず自分には使いやすかった。求人は良いところの企業が多く気が引けたが探せば自分の身の丈にあった求人もあった。ただ未経験も歓迎という求人に応募した際、これまでの経験がないことを突かれ驚いた。
リクルートエージェント[プロの力を借りるなら!]
詳細
★★★★
プロのキャリアコンサルタントがサポートしてくれる人材紹介会社サービス。こちらも同じく無料で使えます。より効率よく転職するならこちら。
簡単1分登録公式サイトはこちら
利用者の声
良かった
50歳で転職するからには、ビジネスマン人生の集大成となる仕事に出会いたかった。リクルートエージェントは、優良な非公開求人が多いと聞いたので登録したのだが、キャリアアドバイザーの業界や転職市場に関する知識の深さに驚いた。カウンセリングの結果、これまでとは違う業界の求人に応募することにしたが、自分のキャリアを活かせると太鼓判を押してもらっているので、不安はない。
良かった
現職は60歳が定年なのですが、世の中の流れを見るにつれ、シニアでも雇用してもらえる企業に転職したいと考えるようになりました。在職しながら転職活動を行うために、リクルートエージェントに登録しましたが、パーソナルデスクトップを通じてやりとりができているので、効率よく活動ができています。
良かった
リクルートエージェントで秀逸なのは、「エージェントレポート」だと思う。求人票や企業のホームページには載っていない、企業の採用担当者の声や社内の雰囲気、採用選考のポイントなどの情報は、大変参考になった。
普通
ミドル世代の求人が増えていると聞き、現職より条件の良い転職がしたいと、リクルートエージェントに登録した。ただ、家庭の事情で転居がかなわない自分には、地方都市でマッチする求人がないようで、なかなか応募に至っていない。キャリアアドバイザーとも、もっぱら電話とメールのやりとりなので、対面で話ができている登録者の方が優遇されるのではと、不安になることもある。
マイナビエージェント[他のエージェントも使うなら!]
詳細
★★★★
いくらかの業界ごとに専門のコンサルタントを用意したエージェントサービス。質の高いサポートが人気。
利用者の声
良かった
50歳でいざ転職しようと思っても、自分の希望と企業のニーズがあった求人を探すのは、至難の業なことはわかっていた。マイナビエージェントに登録したのも、自分の市場価値を知ったうえで、価値づけする方法を示唆してくれると期待してのことだ。予想以上に非公開求人や独占求人が多く、これまでの業界と同じ仕事を紹介されると予想していたのに、異業種への転職を勧められた。最初は戸惑ったが、プロの意見に従って転職したところ、かつての仕事よりやりがいが感じられた。プロの眼力に脱帽だ。
良かった
50歳になり、早期退職を打診されたので、転職活動をスタートした。管理職で数字の責任もあり、早出・残業・休日出勤は当たり前という状況なので、キャリアコンサルタントがマッチする求人を探し、企業情報を提供してくれ、応募書類の添削、面接日時の調整までやってくれたのが、本当にありがたかった。ほぼ希望に合った転職が実現できたのは、マイナビエージェントのおかげだ。
普通
マイナビエージェントでは、求人を紹介してもらうために、キャリアコンサルタントとのカウンセリングを受けなければならない。自分なりにキャリアの棚卸しや自己分析は行って臨んだが、求人を絞り込むためには、まだ浅かったようだ。年下だが頼りになるキャリアコンサルタントのアドバイスを素直に受け入れるべきなのだが、管理職として部下を抱えている自分には難しいこともある。それが課題だ。

 

1.50歳以上の転職市場での価値
 2014年に入り、さまざまな業界や職種で、40代・50代といったミドル世代の求人が増加傾向にあります。
 これは、アベノミクスに始まり、東京オリンピック開催決定、消費税増税前の駆け込み需要など、景気上昇につながる出来事が続き、業績回復が見込めた企業が、将来に向けた投資を始めたことによります。
 グローバル進出から、個人消費の喚起・促進、新規事業の立ち上げなど、企業の投資分野は多種多様ですが、そうした事業を展開するときに、キャリアとノウハウを持ったミドル世代に注目するのは、自明の理です。
 50歳からの転職でも、これまでより有利な条件で採用してもらえる可能性があります。
 現状に満足できないでいるなら、このチャンスを活かさない手はないでしょう。

 

 

2.50歳以上のミドル世代だけが持つ強み
 転職市場で、50歳以上のミドル世代が強みにできることといえば、長年のキャリアを通してしか育まれない、さまざまな能力があることです。
 企業はいま、単に業界や職種での経験があることだけを、中途採用者に求めていません。
 利害交渉能力や変革推進能力、コーチング能力、問題解決能力など、企業が求める能力は、高度化かつ多様化しています。
 そのニーズの応えられるのが、50歳以上のミドル世代です。
 バブル時代の激務も、長い不景気での我慢の時期も体験しているミドル世代には、さまざまな知恵とノウハウがあります。
 それは、若い世代には得られないものです。
 そうした強みを活かして、企業にいかに貢献できるかをアピールできれば、50歳以上の転職でも、納得のいく仕事に就くことができます。
 年代特有の強みに加えて、自分が応募先の企業でどんな役割を担えるのかを考え、アピールできるよう、準備しましょう。

 

 

3.なぜ50歳以上でも転職に成功できたのか
 50歳以上で、満足のいく転職を実現したひとに話を聞くと、共通項が多いことに驚きます。
 それは、転職のタイミングをきちんと見ていることと、企業のニーズと自分の経歴や能力がいかにマッチしているかを、説得力を持ってプレゼンできているということです。
 50歳以上の求人は、情報が開示されてから、採用までの期間が短い傾向にあります。
 自分が目指す業界や職種の市場動向をリサーチし、求人が出たときにすぐに応募できるように準備しておくことが、チャンスをつかむうえでは重要です。
 また、過去の実績は個人だけの力ではなく、会社のシステムや上司・同僚・部下のバックアップがあってのものです。
 そうした実績で得たノウハウを、新しい環境で臨機応変にカスタマイズできる力があることを伝えられれば、採用担当者の心象をよくすることができます。
 自分の視点だけでなく、企業の立場にたって物事を考えられるかどうかが、大きなポイントになるでしょう。

 

 

4.転職サイトが有利というのは本当か
 転職サイトは、いまや転職活動には欠かせないツールです。
 50歳以上の転職希望者も、まず転職サイトに登録することから始めましょう。
 転職サイトのメリットとして真っ先に思い浮かぶのは、希望条件に合った求人情報を定期的に送ってくれることと、企業からのスカウトを受けられるサービスがあることでしょう。
 ですが、それは転職サイトのごく一部のメリットです。
 ミドル世代がより好条件の転職を果たすためには、タイミングを逃さないことが重要です。
 転職サイトの中には、業界や職種別の市場動向の情報を、月ごとに更新しているところもありますので、必ず目を通し、求人増の時期に照準を合わせた転職活動を行うことをおすすめします。
 また、年収の高い求人を集めた、ハイクラスやエグゼクティブクラスの情報を集めた転職サイトもあるので、ぜひ登録してみましょう。

 

 

5.転職サイト活用事例
 転職サイトに登録してよかったと思っているのは、希望する業界の転職市場の動向がわかったことだ。自分のキャリアを活かせる転職でなければ意味がないと考えていたので、応募のタイミングを見計らっていた。戦略的な転職活動を行うには、転職サイトは最適だと思う。(53歳・男性)

 

 50歳以上で、自分に価値づけした転職活動を行うには、情報収集が不可欠です。
 転職サイトには、ミドル世代向けの転職ノウハウも多く紹介されているので、計画的に活動が行えるよう、一通り目を通しておくことをおすすめします。

 

 失業というリスクを冒してまで転職したいとは考えていなかったので、情報収集のつもりで転職サイトに登録をしました。いまも管理職ですので、ハイクラス求人に目を通したのですが、雇用面での充実だけでなく、やりがいを感じられる仕事が多くて驚きました。(50歳・女性)

 

 50歳からの転職は、会社の規模や給与面で、いまよりダウンすることが当然とされてきました。
 ですが、景気回復の兆しがあるいま、やりがいも収入も得られる求人が増えてきています。
 そうした求人を探すのに、ハイクラスやエグゼクティブを対象にした転職サイトがピッタリです。
 気後れせずに、活用してみましょう。

 

6.50歳からの転職に成功したいなら
 あなたが50歳からの転職に成功したいと思うなら、まず自分のキャリアプランを思い浮かべてください。
 キャリアの集大成として、やり残していること、やっておきたいことは何ですか?
 その答えが明確であれば、自分に合った求人を見つけることができます。
 ですが、単に収入や安定性を求めて転職をしようと思っても、企業は採用してくれません。
 企業が求めるミドル世代は、過去の実績に裏打ちされた判断力と行動力で、自ら考え成果をあげてくれる人材です。
 さらに、部下の育成・指導に長けていることも、条件に含まれます。
 そうした企業ニーズに応える能力があるひとは、早々に内定を得ることができるでしょう。
 50歳以上の転職活動に大事なのは、自分の希望や都合だけでなく、自分が応募企業に貢献できる能力があるか否かを見極め、それを採用担当者にきちんと説明できることです。
 単に意欲があるだけで、人件費の高い50歳以上を採用しようとする企業などないのです。
 入社後に、自分が応募企業にどんな貢献ができるのかをプレゼンできるように、まずは自分を見つめ直すことから始めてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ